【ロト7】最新情報(第489回予想、etc)

ロト7最新情報の構成は、
1、最新の抽せん結果と購入した数字を発表し、正否を確認します。
2、その結果と計算値との乖離を確認します。
3、次回予想に活用できる図と表を解説します。(図は①二項分布②インターバル)
4、究極のQPによる7口予想を公開します。
5、最後は座標一覧を載せています。数字選択にご使用ください。

統合ロト分析はミニロトの動画の最初で説明しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
宝くじの勝敗ラインとは
本当の意味で勝ちとはもちろん一等当せんですが、これは長期的な目標です。
負けが当たり前だからこそ、負けすぎないことが大事になります。

そのうえで勝敗ラインは、ずばり『回収率50%』です。

毎回プラス収支というのはほぼ不可能ですが、回収率50%ならば不可能ではありません。
まずは、末等当せん金の2倍以上の購入自体を控えること。
もしくは、末等当せん金の2倍以上の購入額にする場合は、複数当せんが可能な買い方をすることが求められます。これができるのは、数字選択式宝くじになります。

例えば、
3000円買ったくじで1000円の当せん金なら勝ちではなくて負けです。それなら2000円買って何も当たらない方がリスク管理の点ではこちらの方が良いです。毎回3000円買って1000円当せんを何十回も続けたから、すごいという判断にはなりません。少ない口数で当せんさせる方がよっぽどすごいし、リスク管理も優れています。一つでも当せんがあったら勝ちという判断は誤りなので気を付けたいです。

大事なことは損切です。2000円もしくは1000円買って当たりがなかったら負けのスタンスを保てるかが重要だと思っています。とくにロト7は一口300円と高額なので、10口購入する場合は、複数当せんが前提となる買い方が必要になります。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アメブロ
https://ameblo.jp/mesotesloto/

メインサイト
http://mesotesloto.ciao.jp/umoz/

音楽・効果音は
魔王魂
甘茶の音楽工房

挿絵は
いらすとや

を使用しました。
#究極のQP
#統合ロト分析
#賢者は一口継続購入