【#麻雀​】古い本は今はネットで見れるんですね 梶やんふぢこの麻雀トリビア#49【#雑学​】

#雀サクッ​ #Mahjong​ #麻將​ #梶本琢程​ #かじやん​ #梶やん​ #トリビア​ #ふぢこ​

動画内で紹介している最初の戦術本は現在国立国会図書館デジタルコレクション 
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/925542

こちらで閲覧可能です。検索すると【支那遊戯】というタイトルなので検索はできませんのでした。

なぜ麻雀は東南西北を使うの?
白發中にはどんな意味があるの?

麻雀には長い歴史があります。
【馬吊】と言われたゲームがベースとなっているそうですが、一時期麻雀は本場中国でも遊ばれなくなった事があります。
その時に古い書物が廃棄された事もあり、現在伝わってるものの中には【後ヅケ】というものが多くあります。

この番組はそんな麻雀の雑学を教えていただきます。

講師は元麻雀博物館館長の梶本琢程氏。
多くの麻雀の知識を持っており、その探求心は未だ衰える事を知りません。

麻雀の素朴な【なぜ?】を追究するのが【麻雀トリビア】です。

あなたが知っていた常識が今日覆る???

【講師】梶本 琢程氏 元麻雀博物館館長 Mリーグ審判
【アシスタント】ふぢこさん 関西MAGNET
【協賛】株式会社鳳凰
【配信】雀サクッTV

※この番組は梶本琢程さんが歴史的資料等から判断する番組です。さまざまな諸説がある点をご了承下さい。

※【梶やんふぢこの麻雀トリビア】は雀サクッTVオリジナルコンテンツとなります。
 他動画サイトへの転載や二次加工等は固くお断りいたします。